Zompees

カテゴリ:遊泳部( 6 )
遊泳部「四国2012 高知にて」
それにしても暑い。尋常じゃなく暑い。
こんなに暑かったらやる気も起きない。
やる気もおきないんだったらどうしたらいい?
そうだ!こうしたらいい!

というわけで、三度あることは四度ある
一昨々年一昨年昨年に続き・・・
というか、もはや毎年の恒例行事となった感がある高知の旅。

残念ながら今年は日程が短くなってしまったので・・・
e0142619_18392722.jpg

四万十川を中心にする以外は特に行き先も決めず
あえていきあたりばったりの旅にしてみた。
e0142619_18393643.jpg

今年もいつもお世話になっている地元の方に
天然の鮎をたくさんご馳走になったのだが
今回はそこに、新たに知り合いになった方からの
天然うなぎまで加わり、もうテンション高々
元気モリモリである。
e0142619_18394624.jpg

ということで到着翌日、あいにくの天候の中
まず最初に向かったのは・・・
e0142619_1839543.jpg

昔、バイク雑誌に掲載されていた記事を読んで以来
ずっと行きたかった場所、四国カルストである。
e0142619_184046.jpg

雄大な景色の中で草を食んでいる牛たちの姿に
誰もがリラックスできるのは間違いない。
e0142619_1840137.jpg

風力発電の風車がまるでオブジェのようで
なんとも不思議な景観。
今度はぜひ青空の中で見てみたいものだ。
e0142619_18402240.jpg

で、その翌日。
ある情報をつかんだ我々は、風力発電の風車の
羽根の大きさに驚愕しながらある川へと向かった。
e0142619_18403512.jpg

その名も新荘川
なんでもニホンカワウソが最後に見つかった川だそうで
そんな話を聞いて遊泳部員としては泳がないわけにはいかん。
e0142619_18404662.jpg

残念ながらカワウソは出てきてくれなかったが
鮎やウグイなどの群れ、そして40cmはあろうかという
数匹の大きな鯉など、水の中はたくさんの魚達でいっぱい!
水中用のカメラを持ってなかったことに残念至極である。
e0142619_18405897.jpg

水面にはおそらく産卵中であろうトンボ達。
有名無名問わず美しい自然が残されている四国の川
恐るべし!
e0142619_1841980.jpg

美しい川の光景に感激し、記念写真も満面の笑みである。
e0142619_18411927.jpg

だがこの時、筆者はまだ気づいていない。
肝心の川が写っておらず、山でシュノーケルをつけている
変なおっさんにしか、この写真では見えないことに。


<遊泳部部員絶賛(?)募集中!>
活動内容・・・気が向いた時に泳ぎたい場所で好きなだけ泳ぎ回る
参加資格・・・1歳以上の男女
部活動費・・・実費

みなさまの入部をお待ちしてます♪



ポチッと応援、お願いします♪

[PR]
by zompees | 2012-08-17 19:09 | 遊泳部 | Comments(3)
遊泳部「四国2010 その3」 続・愛媛編
まだの方は、先にこちらからご覧ください。
 ※上の太字の部分をクリックください。(別ウィンドウで開きます)
























e0142619_19233722.jpg

e0142619_19234664.gif

e0142619_19235760.jpg

e0142619_1924681.jpg

e0142619_19241583.jpg

e0142619_19242419.jpg

e0142619_19243337.jpg

e0142619_19244230.jpg

e0142619_19245069.jpg

e0142619_19245864.gif

e0142619_1925512.jpg

e0142619_19251339.jpg

2、11コマ目のキャラをご存じない方はこちら(←クリック)


<遊泳部部員絶賛(?)募集中!>
活動内容・・・気が向いた時に泳ぎたい場所で好きなだけ泳ぎ回る
参加資格・・・1歳以上の男女
部活動費・・・実費

みなさまの入部をお待ちしてます♪




ポチッと応援、お願いします♪

[PR]
by zompees | 2010-09-15 19:36 | 遊泳部 | Comments(2)
遊泳部「四国2010 その2」愛媛編
まだの方は、先にこちらからご覧ください。
 ※上の太字の部分をクリックください。(別ウィンドウで開きます)























美しい川の流れに癒され、その川の恵みに舌鼓を打った翌日
我々は次の目的地へ向かった。
そして、道の駅で売られていた特大スイカのあまりの安さに
(ちなみにひとつまるごと1200円)
思わず買いそうになった衝動をなんとか我慢しながら
たどりついた場所とは・・・

愛媛県は須ノ川海岸である。
e0142619_00384.jpg

この須ノ川海岸、昨年行った高知県柏島の珊瑚が
大きなダメージを負ってしまった今、四国では一番と
言われる方もいるほど珊瑚の群生がすごいそうで
前々からぜひ一度泳いでみたかった場所である。
(実は横は何回か通ったことがあるのだが・・・)

ということで、期待に胸をワクワクドキドキさせながら
エントリーしてみると・・・

こりゃスゲー!
e0142619_001215.jpg

ビーチから数メートルも沖に泳げば、それはそれは
見事な珊瑚が。
それも水深4~5メートルの浅い場所から大きく群生が
広がっているので、プカプカ浮かんでいるだけでも
その珊瑚を観察できるのだ。
e0142619_01270.jpg

もちろん、潜っていくと間近に見ることができ
たくさんの種類の珊瑚があることがわかる。
e0142619_011373.jpg

e0142619_012652.jpg

e0142619_013598.jpg

e0142619_014588.jpg

そして珊瑚の周りでは、たくさんの魚達が上を下への大騒ぎ。
e0142619_015330.jpg

e0142619_02283.jpg

e0142619_02950.jpg

最後にはかわいいイカの兄弟も登場。
早く大きくなれよ、なんて思いながら微笑ましく見てたのだが
大きくなると美味しそうなどと思ってしまうのは目に見えており
あぁ、人間とはなんて勝手な生き物なんだろう。
e0142619_021764.jpg

というわけで、こうして素晴らしい川、海を堪能し
今回も充実した時間を過ごすことが出来た。
あぁ、楽しい時間ってなんでこんなに早く終わっちゃうんだろ?
絶対また来るぞ~!!

・・・と、帰りの船の上から明石海峡大橋を眺める作者であった。
e0142619_022571.jpg

つづき(←クリック)



ポチッと応援、お願いします♪

[PR]
by zompees | 2010-09-09 00:14 | 遊泳部 | Comments(5)
遊泳部「四国2010 その1」高知編♪
それにしても暑い。尋常じゃなく暑い。
この暑さを吹っ飛ばすにはどうしたらいい?
そうだ!こうしたらいい!

というわけで、連日の灼熱地獄から逃れるべく
今年初の遊泳部活動をしてきた。


そして早朝の5時半から讃岐うどんを食べつつ
今回まず向かった先は・・・
e0142619_3324443.jpg

昨年に続き、高知県が誇る清流、四万十川・・・
の支流、黒尊川である。
e0142619_333411.jpg

なんでまた遠くはるばる四万十を訪れたかと言うと
昨年来た時に、お世話になった地元の方から
この辺りでは四万十川なんか話にならないほど
黒尊川がダントツで綺麗だという話を聞いていたものの
前回は時間的に立ち寄ることができなかったからである。

で、その1年間貯めに貯めた楽しみな気持ちに
ワクワクしながら辿りついてみると・・・


うわ~!めちゃめちゃ綺麗や~ん!
e0142619_3341437.jpg

確かに、これはまさに清流。
透き通った水で顔を洗ってみるとその冷たさがとても心地よく
ついそのまま飲みたくなってしまったほどだ。
e0142619_3344444.jpg

川べりではカエルを発見。
心なしかとても気持ち良さそうにみえる。
e0142619_3351130.jpg

だめだ!もう我慢できん!
・・・ということで、近くにあるコテージのご主人に
ポイントを教えていただいて、いざ遊泳開始!
e0142619_335434.jpg

元気に泳ぎ回る鮎やウグイ。
e0142619_3361387.jpg

仕掛けられた網には見事なモクズガニ。
e0142619_3364320.jpg

そして、仲間の手にはコオニヤンマのヤゴ。
e0142619_3371955.jpg

美しい自然の中で様々な生き物を見つけてるうちに
あっという間に過ぎていく時間。

この日も素晴らしい場所で遊泳することができた。
e0142619_3375140.jpg

紅葉の時期はとても美しい光景が広がるそうで
機会を作ってぜひ観に来てみたいものだ。
みなさんにも、もし四万十川に行くことがあれば
ぜひ黒尊川にも立ち寄られることを
心からおすすめしたい。
e0142619_3413187.jpg

余談だが、この日の夜は昨年お世話になった地元の方と再会し
またもや鮎をご馳走になってしまった。
最後に、恐縮しながらその鮎を頂いている写真を紹介しよう。

e0142619_342725.jpg

つづき(←クリック)




ポチッと応援、お願いします♪

[PR]
by zompees | 2010-08-19 03:48 | 遊泳部 | Comments(10)
遊泳部「高知 その2」
まだの方は、先にこちらからご覧ください。
 ※上の太字の部分をクリックください。(別ウィンドウで開きます)






















翌朝、宿で財布がないことに気づいて

宿泊代どうしよう・・・
お金がないから働かされるかも・・・
どうせ働くなら女性客担当がいいな・・・

・・・などとちょっぴりドキドキした俺だったが
昨夜お世話になった喫茶店のママさんや、客として来られてた
地元の消防署長さんのおかげで無事に発見。
地元の方々の親切に感謝するため近所の神社へお参りした後
予定どおり次の目的地へ出発できた。

そして車を走らせること数時間。
次に到着したその場所とは・・・


知る人ぞ知るスキューバダイビングのメッカ
同じく高知県は柏島である。
e0142619_0242696.jpg

前回ここへ来たのは9年前のこと。
あるダイビング雑誌で紹介されていたのがきっかけだった。

その頃は一車線のクネクネした長い山道を越えていかねばならず
路線バスがすれ違うときなんかドキドキしたものだが
今は立派なトンネルが開通して、とても行きやすくなっている。

でも行きやすくなった分観光客が増え、そのせいで海が汚れて
しまったなんて噂も聞いていて結構心配してたのだが・・・



めっちゃ綺麗やがな!俺も早く泳ぎてぇ~!
e0142619_0243524.jpg

・・・ということで
宿に着くやいなやマスクとスノーケル片手にすぐに海へ。
綺麗な珊瑚やたくさんの生き物が見られるメインの海岸は
波があったので今回はパスし、まったりポイントへGO!GO!
e0142619_0244338.jpg

しかし、まったりポイントと言っても侮るなかれ。
海の中はたくさんの生命があふれている。
e0142619_0245177.jpg

e0142619_0245811.jpg

でも水中での撮影は久しぶりだったせいで、初っ端に現れた
イカの群れなどシャッターチャンスはたくさんあったものの
ピンボケをはじめ、かなり失敗してしまったのが非常に残念。
e0142619_025722.jpg

e0142619_0251543.jpg

目の前を泳ぐ大きなカワハギを見て、思わずウマそ~と思って
しまったことは、あまり大きな声で言わないでおく。
e0142619_0252427.jpg

e0142619_0253230.jpg

泳いでいる人が多い場所でも所々に珊瑚を発見。
数年前に台風のせいでかなりダメージを負ったそうだが
少しずつ復活しているようで嬉しいことだ。
ほんと、このままずっと美しい海のままであって欲しい。
心からそう思う。
e0142619_0254565.jpg

こうして素晴らしい川、海を堪能し、今回も充実した時間を
過ごすことが出来た。
あぁ、楽しい時間ってなんでこんなに早く終わっちゃうんだろ?
絶対また来るぞ~!!

・・・と、鳴門大橋越しに四国を眺める作者であった。
e0142619_0255423.jpg


<おまけ>
我々を見送りに来てくれた(?)お猿さん。
e0142619_026263.jpg


<遊泳部部員絶賛(?)募集中!>
活動内容・・・気が向いた時に泳ぎたい場所で好きなだけ泳ぎ回る
参加資格・・・1歳以上の男女
部活動費・・・実費

みなさまの入部をお待ちしてます♪



ポチッと応援、お願いします♪

[PR]
by zompees | 2009-10-17 00:48 | 遊泳部 | Comments(5)
遊泳部「高知 その1」
はじめに
思いっ切り季節はずれのUPになったことをお詫びいたします。



残暑も厳しい盆明けのある日。
この暑さを吹っ飛ばすにはこれしかない!
・・・と、泳ぎに行ってきた。

いつもは近場の和歌山へ行くことが多いのだが
今回は仲間の希望もあり少し遠出をすることに。


ということで、大きな橋を渡り・・・
e0142619_022526.jpg

美味しい玉子焼きを食べながら到着した場所、それは・・・
e0142619_0224858.jpg

高知県が誇る清流、四万十川である。
e0142619_0231051.jpg

前回来た時は、時間の関係もあり遊覧船に乗っただけに
なってしまった四万十川。
数年前からカヌーでの川下りがお気に入りの俺としては
せっかく滞在するこの機会を逃すわけにはいかない。
ということで・・・


いざ出発!
e0142619_0233631.jpg

橋や陸の上から見る川も確かに綺麗だが、自分で操作する
小さなカヌーから見る川の景色はまた格別である。
e0142619_0243420.jpg

で、何が格別って、それは川との一体感の一言に尽きるだろう。
自分のすぐそばで魚が川面を跳ね、鳥たちが木々の周りを
飛び回ってる姿を見ながら流れに身を委ねる時の
なんと気持ちのいいことか。
e0142619_0272772.jpg

支流が交わるさらに水の透明度が高い場所では、たくさんの
テナガエビを発見!(残念ながら写真は撮りそこねたが)
e0142619_0245289.jpg

瀬と呼ばれる流れが急な所もなんとか乗り越え
(目の前で他の人が転覆した時は緊張したが)
無事にゴールの沈下橋へ辿りつくことができた。
e0142619_0275614.jpg

ゴールした後は橋の上から川に飛び込んで、カヌーツアーの
締めくくり。
素晴らしい時間を過ごすことができ、とても満足な一日となった。
ほんと、水遊びってなんでこんなに楽しいんだろ?
e0142619_0291166.jpg

・・・が、しかし
実はまだこの日の話には続きがある。

なんと前日に知り合ったある地元の方が、四万十川の蟹を
この夜にご馳走してくれるというのだ。

約束した店でワクワクしながら待つ俺達。
そして程なくして俺達の目の前に現れたのは・・・

予想をはるかに超えた大盛りの蟹!
e0142619_0295329.jpg

あまりの美味さに、一時全く会話がなくなったことは
言うまでもない。

が、さらに!
その蟹に大喜びしている俺達の前に新しい皿が置かれた。
それは・・・


大きなテナガエビ!
e0142619_030452.jpg

そしてもひとつ大きい鮎!
e0142619_0314543.jpg

もちろん全てが天然物、四万十の幸てんこ盛りである。
昼間のカヌー及び遊泳だけでなく、まさか夜には食事で
四万十川を満喫できるとは!

ひょんなことからこの地元の方と知り合えなければ
こんな充実した夜にはならなかったであろう。
あ~、これだから旅はやめられない。

こうして、その店に来られた他のたくさんのお客さんとともに
飲み物をビールから焼酎に変えながら、四万十川の夜は
とても楽しいひと時となったのである。


・・・翌朝、後半の記憶とポケットの財布が無いことに
気づくまでは。


つづき(←クリック)



ポチッと応援、お願いします♪

[PR]
by zompees | 2009-10-15 01:22 | 遊泳部 | Comments(4)

初めて来られた方は下のカテゴリから「ブログの見かた」を最初にご覧下さい_________全ての内容及び画像の、無断転載、無断流用等は固くお断りします。     _________zompees@excite.co.jp

by zompees
カテゴリ
全体
「Zompees 誕生」
名作映画
戦慄のホラーハウス
ねこ
宇宙人(?)襲来
キツネザル
戦隊ヒーロー
突然の出現
怪奇!?ミイラ男
本当にあった話
神の降臨
逆襲!?ミイラ男
夢の宇宙旅行
ニャンピー
嘆きの歌姫♪
遭遇!!ミイラ男
オクトパピー
続・神の降臨
コンピー
クイズ
クレーンゲーム
ピーピー
果物の秋
果実戦隊
彷徨える亡霊
哀愁のホラーハウス
忍-Shinobi-への道
サンタクロース
終わりなき戦い
獅子舞
豆まき
あふれる想い
うたねこ、なやむ
カレー☆カレー
日常のホラーハウス
プロレスラー
その名はリーナ
星に祈りを
夏の到来
太陽が消えた日
亡霊の叫び
夕暮れのひと時
アヒル
パズルゲーム
未確認飛行物体
決着の時
ゆく年くる年
思わぬ出来事
こだわりのバレンタインデー
切実なる願い
春の空から
ヒミツノジコショウカイ
不動のホラーハウス
違和感の夏
バスが町にやってくる
快適な乗り心地
がんばろう!NIPPON!
雪中の存在
GO!GO!サマー!
Road to LONDON
日常のワンシーン
キャラクター紹介
作者のひとりごと
落書き
散歩部
遊泳部
今週の一枚
「ブログの見かた」
フォロー中のブログ
エキサイト以外のブログ&リンク
最新のコメント
agapiさん、返信が遅..
by zompees at 23:37
猫がかわいいね。日本人の..
by agapi at 22:29
maru-tonpiさん..
by zompees at 00:28
agapiさん ほんと..
by zompees at 00:19
あけましておめでとうござ..
by maru-tonpi at 22:45
あけましておめでとうござ..
by agapi at 19:29
maru-tonpiさん..
by zompees at 22:28
そうか・・・今の若い子た..
by maru-tonpi at 06:30
tonpiさん 返事が..
by zompees at 22:33
ご無沙汰しております。 ..
by maru-tonpi at 06:38
記事ランキング
ファン
タグ